役割は終わっていない

役割は終わっていない

震災プロジェクト

震災プロジェクトとは

東日本大震災で大災害を経験し、色々な自治体やボランティア団体が「絆」という言葉を使うようになりました。
銀塩写真の絆は、震災の一年ほど前から活動し、ginennokizuna.comというドメインを既に取得しています。使い古された感があるかもしれませんが、日本語で当時の「絆」という言葉しか思いつきませんでした。

震災後、青森から福島の被災地まで見て回りました。アマチュアやプロの多くのカメラマンがデジタルカメラで撮られた写真がWeb上にUPされました。
しかし、フィルムカメラで何故撮られないのだろうと疑問を持ちました。

フィルムカメラはデジタル全盛でどこに行ってしまったのだろうという想いがあります。
記録するという想いで撮れればなんらデジタルにひけをとりません。

被災地域でカメラを流失してしまった方々も多いと思います。後世の人々に大震災で被災した人々が、どのように立ち直っていったのかという記録は、これからというスタートにも着いていない状況です。被災者が自立的活動として、被災地で各県に銀塩写真の絆の拠点として活動してもらいたいのです。被災されました各県の拠点には可能な限りのサポートをしていきます。記録された写真は画像データとして、震災プロジェクトのページで順次UPしていきます。