役割は終わっていない

役割は終わっていない

ニュース

子供達に写真を学んでもらうお手伝いボランティアの募集中です 

不定期で子供達に写真・カメラ・フィルムを学んでもらうセミナーをしています。そのお手伝いのボランティアを募集しております。ご都合のよい時に、たまたま時間が空いていればお手伝いをして頂ければありがたい。というスタンスです。
銀塩の絆ボランティアは登録して頂き、セミナーのある時にご連絡をさせて頂きます。

子供達に行っているセミナーの内容はざっくりと以下の内容です。

・カメラの歴史・フィルムの歴史とそれらの構造を簡単に学びます。

・講習内容はピンホール・大型カメラから現在のデジタルカメラまで触れてもらいます。

・写るんです等でフィルムカメラを自身で撮影してもらいます。

・簡単に暗室でDPE体験で自身で撮影したネガのプリントを暗室で体験してもらいます。

・講習場所周辺で撮影実習を行います。

これらのプログラムのお手伝いをボランティアでして頂いております。
フィルムカメラが好きという事であれば、良いのですが、それ以外のご自身の得意分野があれば何でも構いません。
子供たちの対象年齢は10歳前後です。暗室をやり始めるには最適と考えております。
昔とった杵柄というカメラ使いの方もウエルカムです。
フィルムカメラは世代を繋げなければ、ますます衰退してゆくのは目に見えておりますます。
さまざまな世代でフィルムを盛り上げてゆきたいと考えています。
運営主体のアクティブスタジオの銀塩写真プリンターQSS23型は実用機として動いているのも全国でも一台になったと言われております。肉眼にちかい柔らかなプリントが銀塩写真の特徴です。

フィルムの活性可能な企画がありましたら随時募集しております。ボランティアでセミナーを開催致しております。